Cloudinaryの設定項目を解説(Upload presets編)

cloudinary

はじめに

Cloudinaryについて、調べたこと、試したことのメモになります
間違っていたり、より良いアプローチがあったり、いろいろと至らない部分も多々あるかと思います

前回の続きで、Upload presets の詳細を見ていきます

Upload presets

“Settings” の “Upload” にて、赤線で囲んだ部分 “Edit” をクリックすると、編集ページにいけます

Storage and Access

リソースの保存やアクセスに関する設定項目があります

Upload preset name

プリセット名

Signing Mode

署名付き(Sinded)か、署名なし(Unsigned)かを選択

Folder

プリセット使用時の保存フォルダ

Use filename or externally defined public ID

アップロードしたファイルのファイル名を使用するかどうか
Offにした場合、ランダムな文字列でアップロードされるので、私はOnにしています

Unique filename

上記の Use filename ~ をOnにしている場合に設定可能になります
Onにした場合、ランダムな文字列が末尾に付与されるので、私はOffにしています

Overwrite

Signed Mode の場合に設定可能になります
Onにした場合、パブリックID(ファイル名)が重複した際に、上書きします

Disallow public ID

Unsigned Mode の場合に設定可能になります
Onにした場合、アップロード時にパブリックID(ファイル名)の指定が出来なくなる(意味がなくなる?)

Delivery type

アップロードファイルのアクセスレベル

  • Upload
  • Authenticated
  • Private

Upload 以外の場合、アクセスするには署名付きURLが必要になります

Access control mode

アップロードファイルに対するアクセスコントロール

  • Public
  • Restricted

Restricted を選択した場合、下記の項目が設定可能になります

Start date, Expiration date

ファイルにアクセス可能な期間を設定することが出来ます(Delivery Type が Upload である必要があります)

Invalidate

同じパブリックIDのキャッシュを無効(削除?)とするかどうか
よく分かりませんでしたので、私は、デフォルト(false)のままにしています

Backup

プリセット毎にバックアップの設定をすることが出来ます

Discard original file name

変換パラメータの flag にて attachment が指定された場合に、元のファイル名を破棄するかどうか

Live broadcast

Cloudinary を使ってライブストリーミング配信をする場合に、Onにする必要があるようです

Media analysis and AI

リソースの解析に関する設定項目があります

Tags

アップロードファイルに付与するタグ名を設定することが出来ます

Categorization

自動タグ付けに使用するアドオンを選択出来ます

Raw convert

自動変換に使用するアドオンを選択出来ます

OCR

Adv Ocr を選択することで、アドオンを使用してテキストとその座標を抽出することが出来ます

Faces

自動的に顔の座標を取得するかどうか

Detection

顔の座標を取得するために使用するアドオンを選択出来ます

Background removal

画像の背景を削除するアドオンを選択できます

Colors

主色とカラーヒストグラムを取得するかどうか

Perceptual hash

Perceptual Hash を取得するかどうか

Quality analysis

品質解析をするかどうか

Image metadata

IPCT, EXIF データを取得するかどうか

Upload Manipulations

リソースの変換に関する設定項目があります

Format

指定フォーマットに変換することが出来ます
変換後のデータが保存されます

Incoming Transformation

変換パラメータを設定することが出来ます
変換後のデータが保存されます

Eager Transformations

通常はリソースにアクセスされた際に行われる変換処理ですが、事前に変換処理を行っておくことが出来ます
Eager Transformations に事前に行っておく、変換パラメータを設定することが出来ます

Eager Async

事前の変換を非同期で行うかどうか

Notification URL

アップロード完了の通知を受けるWebhookを設定することが出来ます

Context

アップロードしたリソースに注釈を付けることが出来ます
ユーザーデータとしてAPI経由で利用可能です

Upload Control

リソースのアップロード処理に関する設定項目があります

Async

アップロードしたリソースを非同期で処理するかどうか

Allowed formats

アップロードを許可するフォーマットを設定することが出来ます
設定にないフォーマットのリソースがアップロードされた場合は、設定されたフォーマットに変換されるようです

Auto moderation

リソースのモデレーションを設定することが出来ます

Proxy

外部リソースからメディアをアップロードする際に使用するプロキシを設定することが出来ます

Return delete token

削除用 token を返却するかどうか
アップロードAPI使用時の設定と思われます

Headers

アップロードしたリソースが配信される際の、HTTPヘッダーを設定することが出来ます

Callback

コールバックとして呼び出されるURLを設定することが出来ます

Enabled unsigned uploading

“Settings” の “Upload” にて、赤線で囲んだ部分 “Edit” をクリックすると、署名なしアップロード用のプリセットが作られます

おわりに

Upload Preset には、プログラムからのアップロード設定や、アドオンに関する設定が多いです
それらを使用しない場合には、ファイル名に関する項目を必要に応じて変更するのが良いでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました