Cloudinaryの設定項目を解説

cloudinary

はじめに

Cloudinaryについて、調べたこと、試したことのメモになります
間違っていたり、より良いアプローチがあったり、いろいろと至らない部分も多々あるかと思います

Cloudinary Settings

Cloudinaryには、どのような設定項目があるのか、簡単にですが解説していきます

Account

Cloudinary - Management Console Login

現在のプラン、プラン変更の項目が表示されています
「Countory」「Company or site name」はサインアップ時に入力したものですね

クレジットについて

Cloudinaryの料金は、クレジットという単位で管理されています
フリープランでは、1ヶ月で25クレジットまで使用可能です
 1 Credit = 1,000 Transformations OR 1 GB Storage OR 1 GB Bandwidth
という計算になるようです
 Transformation:変換回数
 Storage:容量
 Bandwidth:転送量
変換回数は初回のみがカウントされ、2回目以降のリクエストではカウントされません

Upload

Cloudinary - Management Console Login

Automatic backup

自動バックアップ
Enabledにするとストレージの使用容量も増えます

Backup S3 bucket

AWSのS3にバックアップ
Google Cloud Storageにもバックアップ可能なようです
[フリープラン不可]

Auto-create folders

アップロード時にフォルダを自動で作成
Enabledが良いと思います

Invalidate vertioned URLs

バージョン付きURLを無効にするかどうか(?)
どちらに設定してもバージョン付きURLでアクセス可能だったので、よく分かりませんでした

Auto upload mapping

外部リソースに対するマッピング設定
便利そうで何かに使えそうなのですが、現状、私は使っていません

Notification URL

アップロードや削除の通知を受けることが出来ます
Webhookというやつですが、現状、私は使っていません

Default video quality

動画のデフォルト品質

Default image quality

画像のデフォルト品質

Keep CMYK in derived images

CMYKカラーを維持するかどうか(?)
Noがおすすめのようなので、Noにしています

Upload presets

アップロード時の変換や保存先の設定、タグ付けなど様々な設定が出来ます

Default upload presets

アップロードAPI使用時の、画像、動画、それ以外のデフォルトプリセットを設定出来ます

Media library’s upload presets

メディアライブラリ(ブラウザ)でのアップロード時の、画像、動画、それ以外のデフォルトプリセットを設定出来ます

Security

Cloudinary - Management Console Login

Strict transformations

URLパラメータを使用した動的な変換に制限をかける場合に使用します
Enabledに設定すると、署名付きURLを使わないと動的な変換が出来なくなります
例外として、API(認証済み)を使ったリクエストと、”Transformations”画面で手動で許可した設定の変換は可能

最初はDisabledの設定で、動的変換がどういうものかをいろいろと試してみるのが良いと思います

Restricted media types

変換に制限をかけるメディアの一覧

Strict video transformations

変換制限の動画版

Allowed fetch domains

fetchによるメディア取り込みを許可するドメインリスト

Allowed strict referral domains

Strict transformations が有効な場合に、動的な変換を許可する参照元ドメインリスト

Allowed Admin API IP addresses

Admin API の使用を許可するIPアドレスリスト

Usage of tags/context/metadata in transformation URLs

動的な変換においてタグ、コンテキスト、メタデータを使用するかどうか
条件付き変換や、ユーザー定義変数として使えるようです

Access Keys

APIを使用する際に必要なKeyとSecret
既存のKeyを無効にしたり、新しくKeyを作ることも出来るみたいですね

Users

Cloudinary - Management Console Login

ユーザー名、メールアドレス、パスワードの変更などはこちらのページから行います

おわりに

多くの項目がありますが、ひとまずはそのままCloudinaryを利用し、必要に応じて設定を見直していくのが良いでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました