Cloudinary の署名付き(signed)URLを生成する chrome 機能拡張

cloudinary

はじめに

Cloudinary のメディアライブラリを使っていて、個人的に感じていた以下のような不便さを解消するため、chrome の機能拡張を作りました

  • f_auto,q_auto など、決まった変換パラメータを使うことが多いが、署名付きURLを取得するのに手間がかかる
  • URLに “image/upload” や、”v1234567890″ といったパラメータを含みたくない
  • URLに “png” や “jpg” といった拡張子を含みたくない

最後の項目は、前回の記事に関連するものですね
また、Strict Transformation を有効にしていない場合には、この機能拡張を使う理由はありません

更新履歴

バージョン更新日更新内容
1.02020/07/13・公開
1.12020/08/02・”generated url” の出力先を textarea に変更
・フォントの統一

chrome ウェブストアに公開中

作成した機能拡張は、chrome ウェブストアにて公開中です

使い方について

Cloudinary にアップロードしたリソースのURLを、”source url” に入力すると、設定にしたがって、”generated url” にURLが生成されます
メディアライブラリにてコピーしたURLを入力することを想定しています

設定項目について

api secret

ダッシュボードの Account Details に記載されている、API sectet を入力します

use sign

署名付きURLを生成する場合にチェックします

use root path

root path を使用する場合にチェックします

チェックすると、”image/upload” の部分が省略されます

exclude version

version を省略する場合にチェックします

チェックすると、”v1234567890″ の部分が省略されます

exclude file name extension

ファイル拡張子を省略する場合にチェックします

raw transformation

変換パラメータを設定します

f_auto,q_auto といった形式の変換パラメータを設定します

copy when generated

URLを生成した際、クリップボードにコピーする場合にチェックします

おわりに

自分用に欲しい機能だけを入れた機能拡張のため、高度なことが出来るわけではありませんが、少しでも役に立てれば嬉しいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました